スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 2009 第11戦ヨーロッパGP

1ヶ月ぶりにエンジンの爆音が帰ってきた!
バレンシア景観

地中海を臨む美しい景観とは裏腹に、
コンクリートウォールに囲まれた、灼熱の高速コース
バレンシア・ストリートでの1戦。

ここに来るまで1ヶ月もの間が空きましたが、
トレーニングに励む、趣味に興じる、一家のパパとして家族サービス
などなど、ドライバー達は様々な夏休みを過ごしたようです。

いつものように、詳細は続きからどうぞ




マッサに捧げる優勝!
R11 バリチェロ優勝

ポイントリーダーバトンの影に隠れがちだったバリチェロが、
フェラーリ時代以来5年ぶりの優勝!
09年王者争いに再び名乗りを上げてきました。
ヘルメットには、前戦自身のマシンが引き起こしたトラブルによって、
大怪我をさせてしまったマッサへのメッセージが
刻まれていました・・・


銀河帝国撃破 優勝への軌跡
バレンシアコース図 R11 予想ピットイン
抜けそうに見えて、中々追い抜けないコースレイアウトに加え、
フロントロー(ポールポジションと2位)にはKERSを搭載した
ハミルトンコバライネンマクラーレンコンビの二段構え。

これでは、コース上で抜くことはまず不可能
勝つにはピットストップの隙を突くしかない!

注目! バリチェロ1回目のピットイン
R11 1ピット目終了
ハミルトン、コバライネンがピットに入り、前が空いた隙に猛プッシュ
その後すぐバリチェロもピットイン、その隙にハミルトンに先行されますが、
コバライネンが来る前にコースに戻り、2位に浮上
ハミルトンとの一騎打ちに持ち込みます。

注目! ハミルトンVSバリチェロ 2度目のピットイン
R11 ハミルトンピットミス
写真を見ていただくと、おわかりいただけると思いますが、
ハミルトンがピットインしてから、タイヤ準備を始めています。

初めはピットから「ピットインしろ」と指示があったものの、
燃料を残り1周分ギリギリにセーブしていたため、ピットイン寸前になって
もう1周走れ」と変更、しかし指示が間に合わず、ハミルトンは
そのままピットイン、無線のミスで大幅なタイムロスを喫しました。

「Come on! Rubens!!」
ハミルトンがミスした途端、チームは無線でバリチェロに発破をかける!
バリチェロは安定したペースで走り続け、2度目のピットも成功、
ハミルトンの前に立ち、そのまま逃げ切る!


旧2強完全復活、激化するポイント争い
R11 旧2強 R11 怒れるバトン
2回目のピットでミスのあったハミルトンは、バリチェロに2.3秒及ばず
2位フィニッシュ、3位は6番手からスタート直後4位まで上りつめた
ライコネンが獲得しました。
以降コバライネン、ロズベルグアロンソ、バトン、クビサまでが
ポイント獲得。
マクラーレンフェラーリが息を吹き返す中、バトンは
ポイント獲得はしたものの、未だ苦しい戦いを強いられ続けています。


2人の母国GP アロンソ&アルグエルスアリ
R11 アロンソ2 R11 アルグエルスアリ 
出走停止処分撤回され、無事母国GPを迎えたアロンソは、
8番手スタートから追い上げ続け、6位フィニッシュ。
デビュー2戦目の最年少ドライバーアルグエルスアリ
19番手スタート、残り10周あたりでドリンクシステムが壊れてしまい、
水分補給ができなくなったものの、16位フィニッシュを果たす。
折角の母国GPなんだから、ハイメ君をもっと映してくれえ・・・


今回のリタイア:2台 赤牛のセバスチャンズ2人
R11 ベッテルリタイア R11 レッドブルコンビ
ベッテルは、フリー走行時に抱えていたエンジントラブルが再発!
ポイントランキングも4位に落ち、王者争いが危うくなる・・・
相方ウェバーも、ピットで抜かれポイント圏外の9位フィニッシュ。

R11 ブエミ接触 R11 ブエミリタイア
ブエミはスタート直後にグロックと接触したほか、42周目には
ブレーキトラブルにより豪快にスピン!
幸い壁が無い所に滑ったため、大クラッシュは免れました。


他のドライバー達
マッサの後任、10年ぶりの表舞台 38歳 ルカ・バドエル
R11 バドエル R11 バドエルピットアウト
・ピットレーンのスピード違反4回
・予選でライコネンのタイムから3秒落ち、ルーキーにもボロ負け。
・気迫負けしたのか、ピット出口で後続に道を譲る
・道譲った挙句、ピットアウト時うっかり白線を踏んでペナルティ
折角チャンスが巡ってきたのに、全く良い所なしのバドエル。
「速いマシンに乗れば、誰でも勝てる」わけではないことを、
身を持って実証してしまいました。
「テストセッションだから」と、恐ろしいまでに楽観的で不安が・・・


プロスト以来のフランス人王者候補生 ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャン R11 グロージャンピット
解雇されたピケJrの後任として選ばれたルーキーは、いきなり
予選で相方アロンソのタイムに、コンマ2秒まで詰め寄る大健闘!
しかし、1周目にグロックと接触してしまい、15位フィニッシュ。
苦いデビューレースとなりましたが、今後が非常に楽しみです。


不運続き 唯一の日本人ドライバー 中嶋一貴
R11 カズキタイヤバースト
フリー走行でかなりの好調を見せていたにもかかわらず、
予選ではQ1でエンジントラブルにより、17番手スタート
決勝では、左リアタイヤがバーストするトラブルに見舞われる。
レースは続行できたものの、3周遅れで18位フィニッシュ。


次戦ベルギーGPは8/30開催!
放送時間が深夜2:35からとかなり過酷ではありますが、
次回も楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。