スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S級ライセンスへの挑戦 2015夏

*鈴鹿のカート挑戦の記事のためこちらも参照。
アドバンスフォーミュラ2015

15-0801カーネーション
ある人物に捧げるため今回は「赤い」カーネーション持参

原因不明のまま走りが決まらず、20位で終ってしまった
第3戦から早2ヶ月、アドバンスフォーミュラは
前半戦が終了し、現在は3ヶ月間の夏休みに入っています。

自分も3ヶ月間じっとしておこうかと、シーズン開始前には
考えたものの、それでは第3戦の結果を確認するタイミングが
なくなってしまうので、それならば、確認するついでに
アドバンスカートプラスに乗って、今の自分がどこまで
通用するのかを試すことに決定。

そして8/1(土)、その挑戦の機会がついに訪れました。

理論上の最速タイムを出せたとしても、
今の自分ではS級ライセンスに届くことはないと
割り切っていたこともあり、余計な欲とプレッシャーを
感じることなく、ただ純粋にカートの走行を楽しんできました。

誰かと競うのではなく、自分のために走った今回の挑戦。
今回はいつも以上に長くなりますので、
詳細は「続きを読む」からどうぞ。



ビアンキよ、安らかに
15-0801ビアンキ事故現場

7月のマリカールームの時にチャットで話していた通り、
今回は走る前に国際レーシングコースの
ダンロップコーナーへ行ってきました。

その理由は、7/17に25歳でこの世を去ったF1ドライバー
ジュール・ビアンキ選手へ献花するためです。

19-ビアンキ14パネル 15-0801RIP Jules
花は写真がかけられていたフェンスのそばへ

2014年F1日本GPは、台風が目前まで迫っていたこともあり、
雨が降りしきる中で、決勝レースが行われていました。

雨が強くなってきたレース終盤に差し掛かると、
ダンロップコーナーを抜けた先(画像中央)で、
ザウバーのエイドリアン・スーティルがクラッシュしたため、
その車両を撤去するためのクレーン車が出動していました。

そして、その1周後、ビアンキはスーティルと全く同じ場所で
コントロールを失い、撤去作業をしているクレーン車に激突
頭部に254Gもの衝撃を受け、意識不明の重体となる
悲惨な事故がありました。
事故映像はyoutubeにありますが見るのは自己責任で

可夢偉を応援する身であるため、直近のライバルだった
ビアンキの走りもずっと見ていましたが、
下位チームでありながら、中堅チームを脅かす活躍を見せ、
是非とも上のチームで走っている姿が見たいと、本気で
考えさせてくれたドライバーで、将来が楽しみだったのですが、
故郷のニースへ移っても、意識が戻ることは一度もなく、
9ヶ月間の闘病の末、彼は息を引き取ってしまいました。

F1レースでの死亡事故は、悪夢の週末と語り継がれる
1994年サンマリノGP以来、21年振りの事になります。

任天堂の岩田社長の急逝から間もない時に、
追い討ちをかけるように訃報が飛び込んできたため、
自分にとっては、更に心の空白を広げられて、
正直参ってしまいそうでしたが、悲劇を再び繰り返さぬよう、
コース上の安全確保について、更なる改善を祈るばかりです。

さて、初っ端から湿っぽい話になってしまいましたが、
彼の死を無駄にしないために、より一層気を引き締めて、
挑戦へ移ります。


今回の挑戦スケジュール
15-0801休憩中
ここでの昼食が最も落ち着いた時間

いつも通り、30LAP走る予定を立てていたのですが、
7月下旬から連日の猛暑続きで、この日の気温は37℃
気力もスタミナも完全に持っていかれてしまったので、
最終的に20LAPの走行に留まりました。

しかし、アドバンスフォーミュラ、会員割引共に期間外であり、
カートの方のお客さんは数える程しかおらず、家族連れは
アクアアドベンチャー(プール)の方に流れていたので、
渋滞に悩まされる心配がないのは助かりました。
オレもプール入りたいぞ( ゚Д゚ )

なお、今回の使用マシンであるアドバンスカートプラスは、
通常時よりエンジンのパワーがアップしているため、
約1秒のタイム短縮が見込めます。


アタックラップ1セット目
15-0801タイム1

LAP1 - 38.540
LAP2 - 37.317
LAP3 - 37.136
LAP4 - 36.878
LAP5 - 37.575
LAP6 - 37.445
LAP7 - 37.221
LAP8 - 38.357
LAP9 - 38.231
LAP10 - 36.814


通常とプラスの違いを再確認した走行。
アドバンスカートプラスに乗るのは今回が2回目。
2014年9月の初挑戦では、そのエンジンパワーに
振り回されっぱなしでしたが、今回は自己ベストとなる
36秒台へ捻じ込むことには成功しました。
走行後20分はぐったりしてましたが

しかし、走り方、特にアクセルワークを
通常時と殆ど変えずに走ろうとしたため、
コーナリング及び立ち上がりの挙動が安定せず、
コーナリング中にズルズル滑ったり、
タイヤバリアにリアタイヤをぶつける場面が
多発してしまい、自分が今までいかに雑な踏み方を
していたかを、この日漸く知ることになりました。

「コーナーでは、アクセルを微調整しながら走る」
次の走行では、これを常に意識して挑むことにしました。


アタックラップ2セット目
15-0801タイム2

LAP1 - 36.680
LAP2 - 38.132
LAP3 - 38.241
LAP4 - 36.597
LAP5 - 36.602
LAP6 - 36.457
LAP7 - 36.178
LAP8 - 37.649
LAP9 - 37.026
LAP10 - 36.124


見たこと、聞いたこと、自身で感じたことを総動員した走行。

・1コーナー:一本目の白線でブレーキング→ターンイン、
コース中央より外側に膨らまない(観察してきたS級の走り方)

・2~3コーナー:ベタ踏みでは3コーナーイン側でぶつかる、
2コーナーはアクセル60~70%がベスト?(1回目の走行から)

・4コーナー:ブレーキなしで抜けられる、
ターンイン~コーナー中盤は10~20%まで緩め、
抜けたら一気に踏み込む(第2戦での発見から)

・5コーナー:ブレーキングは早めかつ軽く、
コース幅は限界まで使っていい(これまでの経験から)

・6コーナー:コーナリング中は一瞬だけアクセル戻せ、
絶対アウトに膨らまない(いすとさんからの助言)

・7コーナー:早めにハードブレーキング、
車体の向きが変わるにつれて、緩やかに
踏み込みを強くしていく(1回目の走行から)

・最終コーナー:ターンイン時一瞬だけ50%に緩め、
すぐ一気に踏み込む(1回目の走行から)

言葉にするのは簡単ではない上に、
随分と安っぽくなった気もしますが、
大体こんなことを考えながら、今まで意識してこなかった
足をせっせと動かしていました。

限界を超えないように慎重に走ったこともあってか、
暴れていたマシンはレールの上を走るように素直に、
そして自分の思った通りに動き、今まで走ってきた中で、
最高に気持ちが良かったです。
バックマーカー(周回遅れ)が少し気になったけど

もう少し走ったら35秒台へ行けそうだと
思える程の手応えはあったものの、周回数もスタミナも
足りなくなってしまったため、ここで切り上げ。
S級ライセンス目標タイム(35.499)まで、
残り0.7秒というところまで、辿り着くことができました。

ここからタイムを削ぎ落としていくのは、容易なことでは
ありませんが、4年前は雲の上の存在だと思っていた
S級ライセンスが、今は手が届きそうなところまで来ていると
思うと、何よりの励みになるので、今回の挑戦は本当に
有意義なものになったと感じています。

今後、アドバンスフォーミュラと並行して進めるべきか、
まだ決めかねていますが、自分の体力の許す限り、
積極的に周回を重ねていくことにします。

さて、随分と長くなってしまいましたが、
今回はここまでとなります。

最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m



おまけ写真
15-0801ソーラーカー1
15-0801ソーラーカー2
献花を済ませた後のダンロップコーナーより

国際レーシングコースの方では、
ソーラーカーレース鈴鹿2015が開催されており、
高校、大学、企業、その他グループが入り乱れての
耐久レースが行われていました。
終盤だったので、力尽きたマシンもちらほら・・・

二輪、四輪、人間問わず、大抵「何か」が走っている
鈴鹿サーキットですが、次来るときは何が走っているのだろう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビアンキ選手残念でしたね

トモユキさん、こんばんは。
ここ最近、ルーム戦に参加できなかったので、
ちょっと疎遠気味になっていますね。
 
ビアンキ選手、あれから続報などがなかったので、
どうなったのかちょっと気にしていたのですが、
結局意識も戻ることなく、帰らぬ人となったのですね・・・。
日本のサーキットで死亡事故が起きたのは残念ですが、
これを教訓に今後の運営に生かしてもらいたいですね。
献花なんて、粋なことをなさるのですね!
花の色の組み合わせのチョイスが素敵です。
 
スプラトゥーンにいったん区切り付けるそうなので、
またマリオカートの方でお手合わせできるのを楽しみにしています。

それでもF1は続いていきます

こんばんはー

>武さん
台風で帰れなくなる危険性があったので、
去年は予選しか見に行っておらず、事故は決勝放送前に
ニュースで知りましたが、頭が真っ白になりました。

献花はビアンキの訃報が入った時に、必ず捧げようと決めており、
仕事帰りに立ち寄った花屋さんに、彼のシンボルカラーである
赤色のカーネーションが残っていたのは幸いでした。

しかし、事故現場が直接見えない場所ということもあり、
高台側か、ふもと側か、どちらへ行くべきかわからず、
先に高台の方に行ってしまったので、20分近く歩く羽目に
なってしまいましたが・・・

今週は残業続きで、オンラインに繋ぐ余裕が殆どなかったですが、
今日ようやく落ち着き、これからマリオカートのプレイ頻度を
上げられるので、ご一緒した際はよろしくお願いいたします。
プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。