スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴鹿アドバンスカート2014-3

更新するタイミングを逃していたリアルカートの記事ですが、
7月挑戦分と9月挑戦分を2日連続でアップすることにしました。
こちらでは、一昨日9/19に挑戦した分をご紹介いたします。

前回の挑戦が不完全燃焼で終わってしまい、
F1日本GP前にリベンジしたいと常々考えていたので、
ちょうど会社から久々の平日休みを貰えた9/19に、
今年4度目となるアドバンスカート挑戦に赴きました。

いつもは昼過ぎに引き上げてしまうところなのですが、
この日は、夜に別件で名古屋へ行く用事があったので、
開園する10:00から閉園直前の16:30までの6時間半に渡って、
カート挑戦、休憩タイム、散策、写真撮影といった感じに、
鈴鹿サーキットをじっくりと堪能してきました。

今回はアドバンスカートだけでなく、鈴鹿サーキット内の
遊園地"モートピア"の事も少しだけ紹介していきます。


コチラファミリー
14-0919コチラファミリー1

今まで一度も話題に挙げたことがなかったのですが、
鈴鹿サーキットには、コチラファミリーと呼ばれる、
恐竜をモチーフにした5匹のマスコットキャラがいます。

・看板キャラであり、バイクレースが大好きなコチラ
・園内をお花いっぱいにしてくれるチララ
・フォーミュラカードライバーを目指しているバット
・甘いものと発明が大好きなメカニックプート
チララの弟で、いたずら好きなピピラ

モートピア内の至るところに彼らのオブジェがあったり、
着ぐるみがよく遊びに来てたりするので、目にする機会は多く、
お客さんと一緒に記念撮影する光景もよく見られます。

14-0919コチラファミリー2

さて、コチラとチララの目を見て、ピンと来た方も
いらっしゃるかと思いますが、コチラファミリーを
デザインしたのは手塚治虫先生で、今年で生誕35周年を
迎えて、それを記念するオブジェが飾られていました。

とまあ来て早々、カートに乗らずに散策していましたが、
この後すぐ1回目の挑戦へ向かいます。


アタックラップ1セット目
14-0919カートタイム1

LAP1 - 39.743
LAP2 - 39.097
LAP3 - 38.333
LAP4 - 38.367
LAP5 - 38.393
LAP6 - 39.129
LAP7 - 38.091
LAP8 - 38.615
LAP9 - 38.557
LAP10 - 38.315

*カートコースの詳細は2014-1を参照。

天候曇り、気温20℃と、半袖では肌寒く感じる程
涼しい日となりましたが、真夏と比べて体力の消耗は
抑えられるので、至って快適に過ごすことができました。
1回目の走行では、1コーナーのブレーキングの
タイミング、強さの微調整を中心に行い、タイムの改善を
図りましたが、1コーナーでリアをフラつかせることが多く、
2ヶ月ぶりの走行となった初回は、タイムが伸びずに終了。
午後の走行に備えて、休憩に入りました。


プッチタウンキッチンでの昼食
14-0919カート昼食

鈴鹿サーキットは、レストラン、ファストフード店も
充実しており、いつもどこで食べようか悩むのですが、
今回は一度も行ったことがなかったプッチタウンキッチンへ。

オムライスとグリル料理がメインのレストランで、
オムライスグリル(ハンバーグ&エビフライ)、フライドポテト
オーダー、ちなみにサラダバーは全メニューに付いており、
おかわりも自由にできます。
おなか一杯食べた後は、お店からのアンケートに答えつつ、
2回目の走行のために、再びGPフィールドに戻っていきました。


アタックラップ2セット目
14-0919カートタイム2

LAP1 - 39.025
LAP2 - 39.343
LAP3 - 38.033
LAP4 - 37.914
LAP5 - 37.502
LAP6 - 38.076
LAP7 - 37.898
LAP8 - 37.700
LAP9 - 37.889
LAP10 - 37.692


1回目と比べて僅かに日差しが強くなり、身体も慣れてきて、
これならタイム更新行けそうかなと期待した2回目の走行。
最初の2LAPは、1コーナーと7コーナーからの加速で
バランスを崩したものの、自分もようやくエンジンが
かかり始めて、壁際まで目一杯に使って猛然とプッシュ!

リアタイヤが壁を擦る感触が何度か伝わってきましたが、
タイムは安定して37秒台を刻み続け、ファステストも
目標に掲げていた37.5秒まで縮めることに成功。
今回の挑戦で、最も満足の行く走りが出来ました。
この後再び休憩に入り、夕方の最終走行を迎えるまで、
サーキット内の散策を再開しました。


F1日本GP目前のレーシングシアター前
14-919F1-2014ドライバーパネル

アドバンスカートコース付近の急な坂を下った先にある
レーシングシアターの入口には、早くも2014年の
F1ドライバーのフォトパネルが置かれていました。
ケータハムの惨状を見てると、可夢偉が母国GPを走れるのか
心配になりますが、ただただ出走を願うばかりです。

その後15:30までは、カートコースを貸し切っていた
学生グループの走りを眺めながら、時間を潰していました。
体育の一環か、部活の一環か、見当も付きませんでしたが、
先生がスタッフと親しげに話しているのを見る限り、
きっと年に何度か訪れているんだろうなと感じました。


アタックラップ3セット目
14-0919カートタイム3+

LAP1 - 40.536
LAP2 - 40.028
LAP3 - 38.970
LAP4 - 37.928
LAP5 - 46.185
LAP6 - 38.427
LAP7 - 38.161
LAP8 - 38.121
LAP9 - 47.315
LAP10 - 37.699


折角Aライセンスを持っているので、3回目の走行では、
アドバンスカートプラスに乗ることを決めました。
フレームとタイヤは通常のものと同じですが、
エンジンの排気量が195CCから270CCに増加し、
最高速も54km/hから60km/hまで上がります。

これまでとは完全に別物だと素人の自分でも実感できる程、
パワーが桁違いで、タイヤが若干使い古されたものだった事を
考慮しても、完全に"マシンに振り回された状態"で、
5LAP目と9LAP目には、3年振りのスピンも喫しました。

初挑戦かつ不完全な状態ながらも、最終LAPを37秒6
まとめ、このパワーに慣れていけば、もっと速く走れると
確信できたので、次回の挑戦が更に楽しみとなりましたが、
今まで1度もやったことがない1日30LAP走行と、
パワフルな"プラス"で受けた衝撃は、相当身体に堪えたらしく、
夜の段階で既に全身が筋肉痛になっていました(;Д;)
基礎体力が相変わらず貧弱・・・

さて、随分と長くなってしまいましたが、
これにて、今回の挑戦の紹介は以上となります。

なお、今年のアドバンスカート挑戦は、
F1日本GPが開催される10月と、
タイムアタックランキングの締切である11月の
残り2回となります。

今年は、通常の方は37.2秒、プラスの方は36秒台まで
タイムを縮めるのを目標に、精進していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。