スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.12.31 第64回苺オフ

今年の夏以降は忙しい日々が続いており、
気がつけばもう年末とは早いものです。

さて、2013年最後の記事はトップで予告していた通り、
11/30に参加してきた第6世代初のポケモンオフ

第64回苺オフ

のまとめになります。

ポケモンXY

10/12に第6作目となる「ポケットモンスターXY」が発売され、
大きく環境が変わることもあり、開催まで2ヶ月もない中、
パーティ構築に対するモチベーションが再び湧きあがりました。

新作発売に伴い、数多くの新要素も追加されましたが、
特に顕著なものを、パーティ紹介に先立ってご紹介いたします。

フェアリータイプの追加
目玉要素その1。
悪、鋼の登場から14年経った今作で、18番目のタイプとして新登場。
第5世代に猛威を振るった格闘、ドラゴン、悪タイプの弱点を突き、
格闘、悪技は半減、ドラゴン技は無効、攻撃面でマイナーだった
毒、鋼技を弱点として設定されるという、露骨な調整がなされています。

メガシンカの登場
目玉要素その2。
既存の一部のポケモン(現在26匹)が、通常の進化とは別に
バトル中のみ一時的に姿を変える」性質を持つ、メガシンカを習得。
・メガシンカはバトル中に1匹しか適用できない
・メガシンカ専用の道具を持たせなければならない

というデメリットと引き換えに、禁止級伝説ポケモンに匹敵、
あるいは凌駕する能力値と特性を手にすることができます。

・通信対戦時の戦闘BGMの変更可能
これは個人的に非常に嬉しい機能なのですが、
今作では、通信対戦のBGMを作中の好きな戦闘BGMに変えることが
できます。(ワイヤレス対戦では4種類、オンライン対戦では全種類)



ちなみに今作一番のお気に入りの戦闘BGMは、ジムリーダー
恒例の増田さん作曲ながら、過去の戦闘BGMとは曲風が違うため、
好みが分かれるようですが、バトル施設でもガンガンかけてます。

この他にも、多くの特殊技の威力が5~10%引き下げられたり、
技や特性の効果に見直しが入る等、全体的なバトル環境の改善を
図ろうという試みが多数見受けられ、どんな環境に
変わっていくのか非常に楽しみです。


パーティ紹介

対戦ルールは、6匹の中から4匹を選出する
公式大会でお馴染のダブルバトル。
第33回苺オフと同様、新作最初のオフでは、
新ポケモンだけでパーティを組むと決めていたので、
今回は6匹全て、完全な新規追加のポケモンとなりました。
まるで旅パみたいと言われましたが

ブリガロン(第6世代 図鑑No.652)
カロス地方の草御三家最終進化系、/格闘
アルマジロのような外見で、物理面の性能の高さに加え、
新特性「ぼうだん」により、主力技の一部が該当する
玉・爆弾系の技を無効化する鉄壁を誇るポケモン。
物理アタッカー及び先制技対策を担当。

特性効果
ぼうだん玉・爆弾系の技を無効化する
もちもの効果
たつじんのおび相手の弱点を突く技の威力1.2倍

技名威力効果
アームハンマー100自分の素早さ1段階低下 命中90
ウッドハンマー120与えたダメージの1/3を自分も受ける
フェイント30先制技 「まもる」等の防御技を無視
ファストガード-防御技 味方への先制技を無効化


マフォクシー(第6世代 図鑑No.655)
カロス地方の炎御三家最終進化系、/エスパー
魔女の姿をした狐ポケモンで、特攻、特防、素早さが高水準。
特殊アタッカーを担当。

特性効果
もうか残りHPが1/3以下になると炎技威力1.5倍
もちもの効果
ヤタピのみ残りHPが1/4以下になると特攻1.5倍

技名威力効果
かえんほうしゃ90相手をやけど状態にする(10%)
サイコキネシス90相手の特防1段階低下(10%)
みがわり-HPを1/4使い分身を作り出す
まもる-防御技 技のダメージ、効果を無効化


ゲッコウガ(第6世代 図鑑No.658)
カロス地方の水御三家最終進化系、/
忍者をモチーフにしたカエルポケモンで、水御三家初の速攻型。
新特性「へんげんじざい」は、技の使用直前に
選んだ技と同じタイプになるという攻防一体の新特性。
特殊アタッカーを担当。
特性効果
へんげんじざい使用する技と同じタイプになる
もちもの効果
いのちのたま技の威力1.3倍、攻撃する度HP1/10低下

技名威力効果
ねっとう80相手をやけど状態にする(30%)
れいとうビーム90相手をこおり状態にする(10%)
くさむすび不定相手の体重が重いほど威力上昇、最大120
たたみがえし-防御技 初手のみ味方へのダメージ無効化


ファイアロー(第6世代 図鑑No.663)
炎の模様をまとった序盤鳥ポケモン、/飛行
非常に高い素早さ以外、能力は並程度ではあるものの、
飛行技が全て先制技になる新特性「はやてのつばさ」により
対策必須レベルの凶悪な攻撃性能を誇る。
物理アタッカーを担当。

特性効果
はやてのつばさ飛行技が全て先制技になる
もちもの効果
こだわりハチマキ物理技威力1.5倍、1つの技しか使えなくなる

技名威力効果
ブレイブバード120与えたダメージの1/3を受ける
フレアドライブ120与えたダメージの1/3を受ける 10%でやけど
とんぼがえり70攻撃後、控えと入れ替わる
はがねのつばさ70自分の防御1段階上昇(10%) 命中90


ニャオニクス(第6世代 図鑑No.678)
サイコパワーを操る猫ポケモン、エスパー
青い体、目パッチリ、補助技主体の隠れ特性と技を持つ♂
白い体、半目、攻撃技主体の隠れ特性と技を持つ♀と、
雌雄で外見も性能も大きく異なる特徴を持つ。
相手の行動妨害と、先制技対策を担当。

特性効果
いたずらごころ補助技が全て先制技になる
もちもの効果
ゴツゴツメット直接攻撃してきた相手のHP1/6低下

技名威力効果
ねこだまし40相手を怯ませる(100%)、登場時のみ使用可
あくのはどう80相手を怯ませる(20%)
ファストガード-防御技 先制技を無効化
でんじは-相手をまひ状態にする


ニンフィア(第6世代 図鑑No.700)
新たに追加されたイーブイの分岐進化、フェアリー
防御と素早さが低く、特攻と特防が高い特殊主体の性能で、
隠れ特性である新特性「フェアリースキン」により、
更なる火力上昇を狙うことができる。
特殊アタッカーを担当。

特性効果
フェアリースキンノーマル技がフェアリー技になり威力1.3倍
もちもの効果
こだわりスカーフ素早さ1.5倍、1つの技しか使えなくなる

技名威力効果
はかいこうせん150命中させた次のターン行動不可 命中90
ムーンフォース95相手の特攻1段階低下(30%)
サイコショック80ダメージ計算を特防ではなく防御で行う
シャドーボール80相手の特防1段階低下(20%)

第33回では、3勝3敗の総合6位とまずまずの結果でしたが、
今回は果たしてどうなったのか、
結果は「続きを読む」からご覧ください。



予選Bブロック結果

対戦参加人数は16名のため、2ブロック制(2×8名)の総当たり戦。
上位2名が決勝進出というルールとなりましたが、
肝心の戦績は、1勝6敗(総合14位)と見事に惨敗。

流行すると踏んだポケモンへの対策自体は問題なかったものの、
いざ実戦となったら、痒い所に手が届かない構成だと痛感し、
(マフォクシー、ファイアロー、ニャオニクスが顕著)
各ポケモンの個性を活かしきれないパーティ構成に
してしまったのが敗因だと自分は結論付けました。

久々に派手に負けたものの、そのおかげでパーティの改善案が
いくつも浮かび上がり、今後に向けて良い経験を得られました。
るるさんの個性的なパーティとも戦えて満足

次回の開催はシングルとのことですが、ダブルも
少しずつ改良を進めていこうと思います。

では、主催のるるさん、参加者の皆さん、
次回もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。