スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 2011 トルコGPまとめ

遅くなりましたが、5月8日に行われた
F1トルコGPのまとめです。


コース予習(PS3 F1 2010)


Watch live video from 気の向くままにBダッシュ on Justin.tv
コースは、イスタンブール・パーク
先が見えず、ブレーキングのタイミングが難しいセクター1
名物コーナー ターン8が待ち構えるセクター2
300km/h超からのハードブレーキング+
低速区間が続くセクター3と、難関揃いのサーキットです。

使用マシンは、フォースインディアVJM03(A.スーティル)
設定は本物と同じく、視点:コックピットアシスト:全てオフ

今回は、フリー走行/予選/決勝1本にまとめてあります。



今回のワンシーン

小林可夢偉14台抜き

2011トルコGP可夢偉


予選Q1でいきなりエンジントラブルが発生し、
24番手スタートとなってしまった、可夢偉。

しかし、その分新品ソフトタイヤが丸々3セット残っていたため、
怒涛の追い上げを見せました。

ブエミをオーバーテイクする際(上の写真)に接触した影響で、
タイヤがパンクしてしまい、10秒以上タイムを失ったものの、
10位入賞を果たし、チーム代表ペーター・ザウバー氏と交わした
「ポイントを取ってくる」という約束を見事に果たしたのでした。



ハイライト 「LOS MINIDRIVERS」



今回は上位でも中団グループでも、オーバーテイク合戦が多発。
DRSの影響力が、いかに大きいかを改めて見せつけられました。
解説が必要だと思った場面は1箇所だけですが、
続きに書いておきます。



1:55のロズベルグ:ダブルチーズバーガー

ポテトとシェイクも一緒にやけ食いして憂さ晴らし。
http://www.topnews.jp/2011/04/28/news/f1/drivers/nico-rosberg/35384.html
予選はレッドブルに次ぐ3番手だったものの、
レースペースは、遥かに劣るものとなってしまいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。