スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1観戦にあたって グランプリの流れ編


初めて、もしくは久々にF1観戦される方向けに、
現在のF1を理解しやすくなることを目指して、
F1のルールについて書こうと思い立ちましたが、
1つにはまとめきれないので、複数に分けてupしていきます。


第1回は、グランプリの流れについてです。

テキストだけではわかりづらいと思うので、
PS3版F1 2010の映像と、ウィキペディアを使って
ご紹介していきます。

ご覧になる方は、続きからどうぞ。




参考動画(PS3版F1 2010より)


Watch live video from 気の向くままにBダッシュ on Justin.tv

イタリアGPの時よりはマシですが、焦ってミスる場面が
ちょくちょくあるので、ご了承ください。



フリー走行(動画3:48~)

金曜には、90分間の自由走行の時間が2回
土曜には、60分間の自由走行の時間が1回与えられます。

マシンのセットアップ、コースの習熟、レースシミュレーション、
タイムアタックなどなど、各自で様々なプログラムをこなします。



予選(動画28:18~)

土曜フリー走行の後に、決勝のスターティンググリッドを決める
予選が行われます。
予選は、規定の時間内に出した各ドライバーのベストタイムを基に、
ノックアウト方式で行われます。

尚記録したベストタイムが、Q1の最速タイムの107%に満たない
場合は、そのドライバーは決勝での出走が認められません

107%ルール


Q1(予選1回目)

制限時間20分、24台でタイムアタックを行う。
18~24番手タイムを出したドライバーは脱落となり、
決勝でのスターティンググリッドが確定する。
コース上のマシン台数が多いため、渋滞(トラフィック)を
いかに避けるかも、タイムを出すうえで重要となります。


Q2(予選2回目)

制限時間15分、17台でタイムアタックを行う。
11~17番手タイムを出したドライバーは脱落となり、
決勝でのスターティンググリッドが確定する。


Q3(予選3回目)

制限時間10分、10台でタイムアタックを行う。
このQ3で全体のベストタイムを出したドライバーが、
ポールポジション(1番手スタート)獲得となる。
尚Q3に参加したドライバーは、決勝スタート時に
Q3で最速タイムを出した時に使ったタイヤ
装着しなければなりません。



決勝(動画46:11~)

日曜には、グランプリの目玉となる「レース」が行われます。
レースについては、いくつか注意しておかなければ
ならない点があるので、ご紹介しておきます。


フォーメーションラップ(動画では省略)

レースを開始する前に、1周だけ走行を行います。
急加減速、蛇行運転などを行い、
タイヤやブレーキを温めます。


レース途中の給油禁止

2010年から再導入された、ピットでの給油作業を禁止するルール。
レース距離(305~310km)を走り切る分の
燃料を搭載
したうえでレースをスタートする。

マシン重量が、予選時から約150kg増加しているため、
止まらない、曲がらない、加速しないといった挙動の変化が起きる。
周回を重ねるにつれて、重量が下がっていくため、
それによる挙動の変化にも対応しなければならない。


2種類のドライタイヤ使用義務
(動画5:50、52:33)


各ドライバーはレース中、グリップ重視のソフトタイヤ(オプション)と、
耐久重視のハードタイヤ(プライム)の両方を使用する義務を負います。
ただし雨用タイヤ(溝付き)を使用した場合、この義務は無くなります。

尚ブリヂストンの後釜となったピレリタイヤは、耐久力が低いため、
タイヤ交換のピットストップは、3回前後になると予想されています。


セーフティーカーの導入(動画では無し)

接触やクラッシュで、コース上にマシンが停止したり、
パーツが散乱した場合や、荒天で路面状況が大幅に悪化した場合など、
コース上が危険と判断された場合、
ピットレーンからセーフティーカーが登場します。

導入中は、周回数の表示の横に「SC」と表示されます。

この間追い抜きは禁止され、規定のタイム以下でのスロー走行を
行わなければなりません。


ドライバーズポイント(動画65:32)

各順位に与えられるポイントは、以下の通りとなっています。
(2010年度と同様)

  1位:25pt
 2位:18pt
 3位:15pt
 4位:12pt
 5位:10pt
 6位: 8pt
 7位: 6pt
 8位: 4pt
 9位: 2pt
10位: 1pt




本物のオンボード映像

本物の小林可夢偉選手の2010年日本GPでの
華麗な走りと、ゲームでも真似できない
怒涛のオーバーテイクショー。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。