スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモン20周年ボーマンダと共に ゲーム編


11スクランブル
みんなのポケモンスクランブルのプロフィール

ボーマンダと共に振り返るポケモンの歴史。
第1弾はゲーム編・・・と言うよりは、タツベイ系統の
紹介となります。

ボーマンダは、進化のペースが非常に遅い代わりに、
最終的に下級クラスの伝説のポケモンに匹敵する力を手にし、
その多くがラスボス(チャンピオンや組織のボスの切札)として
立ちはだかる大器晩成型の一般ポケモン、通称600族の一角。

第3世代におけるラスボスの座は、同期のメタグロス
担当しているため、ヌメルゴンと共にラスボスではないものの、
ホウエン四天王のゲンジ、伝承者のヒガナの切札として、
猛威を振るってきます。 外伝作品にはあまり恵まれないけど・・・

基本的に敵サイドではあるものの、アニメ版では
ゲーム本編以上に登場機会に恵まれており、
AG編では四天王で唯一登場したゲンジの手持ちとして、
DP編ではポケモンハンターJの移動、戦闘要員として、
XY編ではR団にちょっかいを出された野生の個体として
何度も登場し、それだけでもお腹いっぱいなのですが・・・

16映画
パンフレット懐かしい!

2003年公開の映画第6弾「七夜の願い星ジラーチ」でも
登場しており、ジラーチを守るためにサトシに協力する
フライゴンとの空中戦、そして物語終盤の共闘は、
かなりシビれます!

あら、いきなり前置きが長くなってしまいました。
では、ここからはタツベイ、コモルー、ボーマンダの事を
軽く紹介していきます。

続きを読む

スポンサーサイト

ポケとる メガユキノオーステージ


0216ポケとる御大
もっさもさ度5割増しの御大

メインステージ300ステージをSランクでクリアしたものの、
ディアンシーのレベルアップステージや、後の更新によって、
ポケモンサファリ新エリア登場、メイン50ステージまでもが
追加され、全然コインを貯める余裕がなくなって
ヒーヒー言わされている最近のポケとる。

恒例となっているランキングステージ紹介ですが、
今回のお相手は、初登場となるメガユキノオー

初登場ということで、お得意の時間制が採用されていますが、
制限時間が10秒長い(1:10)、同時期に開催されている
イベントステージのポケモン(レシラム)を入れると有利という、
いつもと一味違う環境となっております。

もっとも、メガスキルアップ(飴)を取りにいくという
スタンスは変わらないので、今回も10000位以内を
フルアイテム一発勝負でいただいていきます!

続きを読む

ポケモン20周年ボーマンダと共に 序章


01ボーマンダグッズ
ポケモンカードで使ってたコインだけ見つからなかった・・・

今月の27日(土)をもって、
ポケモンは20周年を迎えます!


いやあ、時が経つのは早いものですね。

それにちなんで、2月中のブログ更新では、
ポケモンの思い出を語っていこうと決めていましたが、
第1世代がバーチャルコンソールで配信決定したため、
当時のポケモンがどんなものだったかについては、
わざわざ自分から説明するまでもなく、子供も大人も是非、
「実際にダウンロードして、自分の感覚で確かめてくださいね」
というスタンスで行かせていただきます。

では、自分だからこそできるポケモン語りとは何だろうかと
考えてみたところ、やはりと言うべきか、
「ボーマンダと共に歩んできた軌跡を辿っていく」
コレひとつしかないな、という結論に至りました。

ボーマンダは、第3世代(ルビー・サファイア・エメラルド)で
初登場した"ドラゴン"ポケモンで、今から13年前、
自分がポケモンの深層に身を投じた時期から、
ゲーム本編、外伝作品、カード問わず、
ずっと仲間にしてきた一番のお気に入りポケモンで、
このブログでも、一昨年からぬいぐるみが度々している通り、
他のポケモンと比較にならない程入れ込んでいます。
収集癖がなくてもグッズもそれなりに

そんなボーマンダと共に、自分が辿ってきた
ポケモンの歴史を、この記事込みで4~5回程度に分けて
紹介していきますので、ご覧いただければ幸いです。
なお、画像はブログに載せる関係で
サムネイルを小さくしていますが、是非ともクリックして、
フルサイズでご覧ください。

では、次回"ゲーム編"でお会いしましょうノシ

モンハンフェスタ16


MHフェスタ16四天王
MHX四天王揃い踏み!

ポケモン、逆転裁判、マリオカートに続いてハマり始めた、
カプコンのモンスターハンターシリーズ。
そのモンハンの一大イベントであるモンハンフェスタの
名古屋の部が、本日2/11にポートメッセなごやで開催され、
2年ぶりに行って参りました。

モンハンは、4人までのプレイヤーが集まって
モンスターを倒す、「協力プレイ」が主体のゲーム
ということもあってか、他のゲームイベントと違い、
自分はゲームイベントには一切参加せず、
専ら展示物、開発者のイベントステージを見て回ることに
しており、今年も会場内をぶらぶらしていましたが・・・


捕獲クエスト報酬
ジンタマ
ちょっと目つきが怖いタマミツネさん

ポケモン以外のグッズは、サントラしか買わないのですが、
後にも先にも買うのは多分1回きりということで、
今年は物販コーナーにも足を運ぶことにしました。

アニメイトで見つけられなかった最新作
モンスターハンタークロス(MHX)のサントラ。

6年前初めてモンハンに触れた思い出の作品
モンスターハンターポータブル3rd(MHP3)の
看板モンスター「雷狼竜ジンオウガ」のぬいぐるみ。

最新作MHXの看板モンスター(通称四天王)の一角で、
自分にとって、ジンオウガと一、二を争う程好きなモンスター
泡狐竜タマミツネ」のぬいぐるみ。

狙っていたのは以上の3つで、その中でもタマミツネは、
四天王の中で、ぶっちぎりの人気を誇っているため、
入手できるかかなり不安だったこともあり、
次世代WHFと同様、始発に乗って会場へ向かいましたが、
あちらと違い、早朝は大して並んでいなかったので
杞憂に終わり、無事3つ全て入手することができました。

フィギュアがゲーム同様のリアルタッチなのに対し、
ぬいぐるみはどのモンスターもデフォルメされていて、
すごく可愛いです。


MHフェスタ16ライゼクス
MHX四天王で2番目に好きな電竜ライゼクス

朝早くて眠気がきつくなってきたので、
お昼過ぎに早々に帰ってしまいましたが、
展示されていた開発資料、四天王をイメージした撮影コーナー、
カプコンの体験版ブース(逆転裁判6)と、見たかったものは
全てじっくり目に焼き付けることができたので、満足満足。

多数のポケモン外伝作品、マリオカート8に押されて、
今作は攻略ペースが非常に遅いですが、
これまで同様少なくともラスボス撃破までは
じっくり楽しませていただきます!


以下おまけとして、BGMも紹介しておきます。

続きを読む

ポケとる メガサメハダーステージ


0202ポケとるサメハダー
うわあ、全身キズだらけ・・・

メインステージを300(メガレックウザ)まで進めるために、
コインが4ケタになるまで散財したにもかかわらず、
イッシュ地方の伝説ポケモンのイベントステージが、
次々と押し寄せてくる最近のポケとる。

そんな中で、3週間ぶりに開催されたランキングステージは、
自分がポケとるを始める前に登場した
メガサメハダーの再配信でした。

今回は手数制なので、副賞のメガスキルアップ(以下飴)は
5000位以内というシビアな条件ですが、
飴は週末限定ニャースステージで荒稼ぎするために
メガミュウツーYにフル投入(5個)した後なので、
今回もしっかりといただいていきます。

挑戦の結果は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。