スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1Miiでマリオカート8 Rd.21

DLC第1弾を満喫している内に、ポケモンORASが
発売され、残り2回を残して更新が滞っていた
マリオカート8F1 Mii編ですが、ようやく再開となります。
最終更新が11/19付だったので、
なんと3ヶ月ぶりになってしまいました。

動画自体はずっと撮り溜めていたものになるので、
今回ご紹介するのは、DLC登場直前となる
11/11のレースになります。


・今回のカスタマイズ
マリカー8Mii14-グティエレス
*リスト更新前のカスタマイズです。

今回のMiiは軽量級で、使用したF1Miiは、
可夢偉の弟分だった、エステバン・グティエレス

動画冒頭でも紹介している通り、使用パーツは、
・カート:ターボ・ワン
・タイヤ:リングタイヤ
・グライダー:パラシュート


性能は、
・スピード:3
・加速:3
・重さ:2.25
・曲がりやすさ:5
・滑りにくさ:3


最軽量級に分類される軽量級Miiだけあり、
本家同様コーナリング性能が高く、
スイスイ曲がってくれます。


・今回のレース動画(国内戦)

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5505127
3ヶ月も前になってしまうので、レース内容を殆ど
覚えておらず、解説は動画内のみになります。
とは言ったものの、今回は解説というよりは、
雑談が中心となっているので、レース中に起きる
ハプニングと併せて、お楽しみいただければ幸いです。
がおるさん、対戦ありがとうございましたm(_ _)m

さて、次でいよいよ最終回となります。
早ければ明日にも更新するので、
最後までご覧いただけたらと思います。

今回もご視聴ありがとうございました!

スポンサーサイト

マリオカート8カスタマイズリスト FE14-15編

今回はF1 2014編に続き、マリオカート8で使っている
カスタマイズを紹介していきます。



マリオカートでは、6年に渡ってF1ドライバーのMiiを
使っていますが、電気自動車によるレースを行う
新カテゴリー「フォーミュラE」が発足してから、
「コレも行こう!」と決めており、
F1Miiの時と同様、Miiの作成とカスタマイズの調整に
力を入れてきました。

1月半ばになって、難航していたカスタマイズ調整が終わり、
ようやく確定させることができましたので、
予定していた通り、リストにまとめました。

・レーシングドライバーのMii
フォーミュラタイプのカート
金ハンドルのアイコン


のトレードマーク3点セットは変わらないので、
こちらも会えばわかりやすいかなと思います。


マリオカート8で使用するFEMii(14-15年版)
FEMiiリスト
ちょうど20人でピッタリ!

2014~2015年シーズンのフォーミュラEドライバー20名を
再現していますが、秋以降に開催する特性と相まって、
他カテゴリーと掛け持ちしているドライバーが多く、
3人以上のドライバーが入れ替わりながら参戦する
チームもあるため、一部チームは2人に絞るのが大変でした。

フォーミュラE編のカスタマイズの傾向
基本的にF1編と同じですが、マシンだけは、
ターボ・ワンブルーファルコンに変更になります。

1.ほぼ全てのタイヤ、全てのグライダーを網羅する
2.タイヤ性能全7種を1つマシンで割り当てる
3.チーム力に応じて、戦力差を調整する


という、F1Miiの時とほぼ同じこだわりも貫いています。


Miiの重量配分
モータースポーツでの実績を持つワークスチームが重量級、
自動車メーカーの後ろ盾があるチームが中量級、
小規模なプライベートチームが軽量級、
に主に配属されています。

ただしF1と違い、フォーミュラEの場合は、
搭載するモーターと使用するシャシーが、
同じメーカーから提供されるワンメイクレースのため、
チームランキングとMiiの重量配分が必ずしも
一致しない点はご了承ください。

*重量級:4チーム
 ・e.ダムス - ブルーファルコン
 ・アウディ - ターボ・ワン
 ・ヴァージン - ブルーファルコン
 ・アンドレッティ - ターボ・ワン

*中量級:4チーム
 ・ドラゴン - ブルーファルコン
 ・チャイナ - ターボ・ワン
 ・マヒンドラ - ターボ・ワン
 ・ヴェンチュリー - ブルーファルコン

*軽量級:2チーム
 ・アグリ - ターボ・ワン
 ・トゥルーリGP - ブルーファルコン



フォーミュラE編カスタマイズリスト
チーム、ドライバーのエントリー順で紹介しています。

トゥルーリGP
使用カートは、軽量級ブルーファルコン。
チームオーナー兼任ドライバー&女性ドライバーという
類を見ないイタリア人コンビが目を引きます。
ただし、チームは何故かスイス国籍。

FEMii01-トゥルーリ FEMii02-セルッティ

ドライバータイヤグライダー
トゥルーリサイバースリックパラシュート
セルッティクッションタイヤピーチパラソル


チャイナ・レーシング
使用カートは、中量級ターボ・ワン。
中国モータースポーツの第一人者が率いるチームで、
かつてルノー(現在のロータス)に所属し、F1経験を持つ
2世ドライバー&中国人ドライバーが組んでいます。

FEMii03-ピケ FEMii04-タン

ドライバータイヤグライダー
ピケJrサイバースリックスーパーカイト
タンワイルドホットフラワーカイト


アンドレッティ
使用カートは、重量級ターボ・ワン。
アメリカのオープンホイール(フォーミュラ)レースである
インディカーにおいて、実績を上げてきた強豪チームです。

FEMii05-モンタニー FEMii06-ブラバム

ドライバータイヤグライダー
モンタニーワイルドタイヤもくもくバルーン
ブラバムスカイローラーパラシュート


ドラゴン・レーシング
使用カートは、中量級ブルーファルコン。
アンドレッティ同様インディカー出身チームで、
こちらは加速力でスピードをカバーしました。

FEMii07-セルビア FEMii08-ダンブロシオ

ドライバータイヤグライダー
セルビアワイルドホットズングリカイト
ダンブロシオノーマルタイヤフラワーカイト


e.ダムス
使用カートは、重量級ブルーファルコン。
F1のレジェンドとフランスの名門が組んだチームであり、
ドライバーも、F1経験者にして、現WECドライバーのコンビ。
初代フォーミュラEのタイトル候補の筆頭でもあります。

FEMii09-プロスト FEMii10-ブエミ

ドライバータイヤグライダー
プロストスリックタイヤパラフォイル
ブエミリングタイヤゴールドカイト


アムリン・アグリ
使用カートは、軽量級ターボ・ワン。
日本人初のF1表彰台を獲得し、スーパーアグリF1チームを
率いていた鈴木 亜久里氏のチーム。
小規模ながら、第4戦でまさかの優勝を果たしています。

FEMii11-レッグ FEMii12-ダ・コスタ

ドライバータイヤグライダー
レッグボタンタイヤパラフォイル
ダ・コスタトライフォースタイヤハイラルカイト


アウディ・スポーツ・ABT
使用カートは、重量級ターボ・ワン。
ドイツの自動車メーカーと強豪レーシングチームのタッグで、
e.ダムスと双璧を成す初代タイトル候補です。

FEMii13-ディ・グラッシ FEMii14-アプト

ドライバータイヤグライダー
ディ・グラッシGLAホイールパラフォイルMKTV
アプトウッドリングクッパだこ


マヒンドラ
使用カートは、中量級ターボ・ワン。
インドの自動車メーカーの後ろ盾を持ち、
元F1ドライバーコンビが所属する中堅チームです。

FEMii15-チャンドック FEMii16-セナ

ドライバータイヤグライダー
チャンドッククリームブロックセイルプレーン
セナメタルタイヤピーチパラソル


ヴァージン・レーシング
使用カートは、重量級ブルーファルコン。
様々な分野で活動している企業を母体としており、
チーム、ドライバー共にF1経験を持つ強力な中堅チーム。

FEMii17-アルグエルスアリ FEMii18-バード

ドライバータイヤグライダー
アルグエルスアリノーマルブルーワリオカイト
バードゴールドタイヤクッパだこ


ヴェンチュリー
使用カートは、中量級ブルーファルコン。
俳優のレオナルド・ディカプリオ氏が、エコ活動の一環で、
フランスの自動車メーカーと組んで誕生したチーム。
こちらもドライバーは2人共F1経験者。

FEMii19-ハイドフェルド FEMii20-サラザン

ドライバータイヤグライダー
ハイドフェルドローラータイヤハイラルカイト
サラザンスポンジタイヤもくもくバルーン


リング状のタイヤを使った時のターボ・ワンの外見といい、
ブルーファルコンの「キュイーン」というエンジン音といい、
マシンの再現という点では、F1編以上のものになったかなと
思います。

F1編と織り交ぜながら使っていくので、
こちらもよろしくお願いいたします。

なんちゃってFE杯15-1

*募集記事をまとめ記事に転用しました

F1がシーズンオフに入っている代わりに、
冬の間は、フォーミュラEのレースが開催されているため、
9月以来となる、なんちゃってFE杯を
1/24に開催いたしました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

12月はフレンド主催ルーム戦への参加だけだったので、
マリオカート8ルーム戦開催は、2ヶ月ぶりとなります。

1.ルール(使用マシンについて)
なんちゃってF1杯を始め、モータースポーツをモチーフとした
自分のルーム戦では、各カテゴリーのレギュレーションを
尊重するために、使用マシンの制限を設けており、
今回のマシン設定は以下の通りとなります。

・キャラクター
今回選択できるのは、中量級キャラ限定となります。
重量限定のため、今回は途中変更自由とします。

・カート
以下の3種類の中から必ず2種類を選択します。
ただし変更のタイミングは、部屋を開きなおす
2GP目終了直後のみとなります。

1.ターボ・ワン
2.W25シルバーアロー
3.ブルーファルコン


・タイヤ
全てのタイヤの中から選択可能ですが、
本家再現のため、途中変更は不可とします。

2.ルール(各グランプリについて)
4レースを1セットとし、計4セット(16レース)走ります。
なお、今回は全GP通して、
全てのコースから自由にコースを選択できます。

・基本設定
排気量:ルールによって変更あり
アイテム:ルールによって変更あり
COM:なし


1戦目:100ccノーマル
排気量:100cc、アイテム:すべてで走ります。

2戦目:150ccノーマル
排気量:150cc、アイテム:すべてで走ります。

3戦目:100ccダイナミック
排気量:100cc、アイテム:ダイナミックで走ります。

4戦目:150ccダイナミック
排気量:150cc、アイテム:ダイナミックで走ります。

アイテムが通常、ダイナミック混合なのは
従来通りですが、スピードが遅いフォーミュラEの
再現ということで、初の100ccを導入しています。

3.レース動画
今回もレースの様子をご紹介いたします。
もし自分以外にも、動画をアップしたよという方が
いらっしゃいましたら、一言いただければ
併せてご紹介いたします。

*主催視点

Watch live video from Tomalonso on Twitch元々は生配信するはずだったのですが、
Twitch TVのサーバーに繋がらずに断念。
ルーム戦終了後もセットアップ変更を試したものの、
復旧の目途が立たず、ハイライトすらアップできないかと
思いましたが、接続するサーバーの地域を変えただけで
あっさり復旧したので、無事にアップできました。


次回のルーム戦は、2/14か2/21に開催予定で、
今度は軽量級限定となります。
また機会がありましたら、ご参加お待ちしております。

次世代WHF15winter

1/18に、毎年恒例となる
冬の次世代ワールドホビーフェアに行ってきました!

・会場紹介
0118WHF-ナゴヤドーム
*夜明けのナゴヤドーム 6:30頃撮影

去年は、昼前に行ったのに2時間も待たされるし、
マリカー8の体験プレイが整理券配布式で、
何もやれずに終わってしまったので、
どうせ2時間待たされるなら、いつ行っても変わらない
ということで、今回は以前のように始発で行きました。

0118WHF-ポケモンブース
*休憩中に撮ったポケモンブース 10:30頃撮影

毎年、任天堂とポケモンのブースぐらいしか行かないですが、
基本的に大会やイベントがあり、2015年度は、
任天堂ブースでは、小学生限定スマブラ大会が、
ポケモンブースでは、シングルバトルコーナーが
用意されていたので、後者に参加することにしました。
別ブースのアーケード版マリオカートの大会もついでに観戦。

2014年は苺オフがなく、面と向かっての対人戦は
1年2ヶ月ぶりとなるので、バトルコーナーがあると
知ってから、非常に楽しみにしていました。

・バトルコーナー
0118WHF-バトルコーナー
*TV画面は、ずっとPVが流れています。

バトルコーナーへの参加に年齢制限はなく、
子供から大きいお友達までが入り混じる(子供8:大人2程度)
環境で3VS3のシングルバトルを行います。
バトル施設や公式大会準拠のルールとなっているので、
パッケージの伝説のポケモンや、幻のポケモンといった
禁止級ポケモンは使えませんが、会場で配布されている
黒いレックウザだけ、例外で使えます

0118WHF-バトル結果
*対戦結果および戦利品

使用ポケモンは、
メタモン・(メガ)ボーマンダラティオス
ゴウカザルファイアローニンフィア


耐久型・能力上昇型への牽制をしつつ、
お得意の超火力を叩きこみます。
とは言ったものの、大人には3人程しか当たらず、
殆ど小中学生相手だったこともあり、
対戦する度にいたたまれない気持ちになり、
15戦(14勝1敗)で戦意喪失して終了。
午後からは、合流したポケモン勢と談笑したり、
適当にブースを歩き回って、過ごしました。

前日は新年会で夜遅くまで起きていたのに対し、
この日は異様に朝が早かったため、
帰ってからすぐ寝てしまいましたが、
2日間連続でご一緒した、たぬたろうさん、カインさん、
ありがとうございましたm(_ _)m

マリオカート8カスタマイズリスト F1 2014編

*1/5 シーズン終了とDLC登場に伴い最終更新

今回の記事では、マリオカート8で使っている
F1Mii使用時のカスタマイズを紹介していきます。



Wii版、3DS版で一緒に走った方はご存知かと思いますが、
自分のプレイスタイルは、趣味を強く反映したものであり、
ルーム戦を除くオンラインレースでは、

・レーシングドライバーのMii
フォーミュラタイプのカート
金ハンドルのアイコン


の3点セットがトレードマークとなっています。
マリオカート8においても、そのスタイルは変わっておらず、
今作でも同じ条件を持つ人は殆どいないため、
会えばわかりやすいかと思います。


マリオカート8で使用するF1Mii(2014年版)

マリオカート8F1Mii2014
一番左上はWiiUアイコン用の"自分"のMiiなので使っていません

2014年度F1ドライバー総勢22名のMiiですが、
Wiiや3DSからの流用はせずに一から作っており、
更に顔のパーツも、これまでより多くのバリエーションを
使っているため、費やした時間はWii、3DSの比ではないですが、
その分愛着も湧いています。
マリオカート8ではヘルメット常備なのが不満ですが


マリオカート8でのカスタマイズの傾向
現在マリオカート8で使用しているカスタマイズは、

・キャラ:Mii(固定。 誰を使うかは配信の都合と気分次第)
・マシン:Bダッシュ(1/5変更)、W25シルバーアロー
・タイヤ:Miiによる
・グライダー:Miiによる(加速、重さの微調整用)

となっており、更にMii毎のカスタマイズも、

1.全てのタイヤ、全てのグライダーを網羅する
2.タイヤ性能全7種類を各重量で割り当てる(軽量級は6種類)
3.本家F1での傾向と戦力差を極力忠実に再現する


という自分のこだわりに基づいて、決定しました。
特に3を最重要視して調整したので、F1をご存じでない方にも
伝わるレベルの再現度になっているのではないかなと思います。


Miiの重量配分
優勝、表彰台争い常連の上位チームが重量級、
熾烈な入賞争いを展開する中堅チームが中量級、
入賞圏外が定位置の下位チームが軽量級、
にそれぞれ配属されています。

カートはBダッシュと、スピード調整用に
W25シルバーアローを採用しています。
ウィリアムズ以外ルノーユーザーだけど

*重量級:4チーム
 ・メルセデス
 ・レッドブル
 ・ウィリアムズ-W25シルバーアロー
 ・フェラーリ 

*中量級:4チーム
 ・マクラーレン
 ・フォース・インディア
 ・トロ・ロッソ-W25シルバーアロー
 ・ロータス-W25シルバーアロー

*軽量級:3チーム
 ・ザウバー
 ・ケータハム-W25シルバーアロー
 ・マルシャ



マリオカート8カスタマイズリスト
チーム、ドライバーのエントリー順で紹介していますが、
各画像は初期状態の時のものになります。
勢力図が見えてくる、2015年の序盤4戦が終わるまで、
このメンバーで走る予定です。

レッドブル
使用カートは、重量級Bダッシュ。
本家のコーナリング性能の高さから、曲がりやすさ重視。
ベッテルは加速寄りで、重量級で唯一の加速3、
リカルドはスピード寄りで重さ5を誇ります。
いずれも重量級ながら操作性は良好です。

マリカー8Mii1-ベッテルマリカー8Mii2-リカルド2

ドライバータイヤグライダー
ベッテルボタンタイヤハイラルカイト
リカルドトライフォースタイヤワリオカイト

メルセデス
使用カートは、重量級Bダッシュ。
圧倒的な速さを誇った2014年シーズンチャンピオン。
加速は最低の1ですが、重さは最高の5であり、
5.5以上もあるスピードを武器に、ひたすら前を狙います。

マリカー8Mii3-ハミルトンマリカー8Mii4-ロズベルグ2

ドライバータイヤグライダー
ハミルトンスリックタイヤセイルプレーン
ロズベルグメタルタイヤピーチパラソル

フェラーリ
使用カートは、重量級Bダッシュ。
2014年マシンが散々な結果に終わりましたが、
F1屈指のレース巧者2名のコンビであるため、
両者共に総合性能重視でパーツを選択しました。
アロンソはお気に入りのため、若干使用頻度アップ。

マリカー8Mii5-アロンソマリカー8Mii6-ライコネン

ドライバータイヤグライダー
アロンソノーマルタイヤパラフォイルMKTV
ライコネンスポンジタイヤスーパーカイト

ロータス
使用カートは、中量級シルバーアロー。
元壊し屋+現壊し屋コンビということで、重さ重視で選択。
スピード・加速共に低めですが、混戦時の接触に強く、
重量級に匹敵する打たれ強さが特徴です。

マリカー8Mii7-グロージャンマリカー8Mii8-マルドナド

ドライバータイヤグライダー
グロージャンワイルドホットワリオカイト
マルドナドゴールドタイヤゴールドカイト

マクラーレン
使用カートは、中量級Bダッシュ。
フォース・インディアと互角の戦力で、こちらはスピード重視。
チームメイト間でダブルスコア以上の差がついたため、
性能差をつけさせていただきました。

マリカー8Mii9-バトンマリカー8Mii10-マグヌッセン

ドライバータイヤグライダー
バトンサイバースリックピーチパラソル
マグヌッセンウッドリングパラフォイル

フォース・インディア
使用カートは、中量級Bダッシュ。
マクラーレンと互角の戦力で、こちらは操作性重視。
スピードは僅かに落ちるものの、
地上、水中、空中での操作性が向上しています。

マリカー8Mii11-ヒュルケンベルグマリカー8Mii12-ペレス

ドライバータイヤグライダー
ヒュルケンベルグスパイシーリングスーパーカイト
ペレスブロックタイヤズングリカイト

ザウバー
使用カートは、軽量級Bダッシュ。
獲得ポイント0という、最悪のシーズンを過ごした中堅チーム。
ケータハム、マルシャとの戦力差を考慮し、
軽量級+最高速重視のパーツ選択となりました。

マリカー8Mii13-スーティル2マリカー8Mii14-グティエレス

ドライバータイヤグライダー
スーティルスリックタイヤクッパだこ
グティエレスリングタイヤパラシュート

トロ・ロッソ
使用カートは、中量級シルバーアロー。
1つ上のフォース・インディアからは大きく遅れているため、
シルバーアロー+加速偏重に大幅変更。
加速が3以上あるため、復帰が非常に早くなります。

マリカー8Mii15-ベルニュマリカー8Mii16-クビアト

ドライバータイヤグライダー
ベルニュノーマルブルーもくもくバルーン
クビアトローラータイヤパラシュート

ウィリアムズ
使用カートは、重量級シルバーアロー。
本家の大躍進により、唯一途中から重量変更。
元々中量級のため、スピードは他の重量級と差をつけましたが、
滑りにくさが高く、ダート路面で速さを期待できます。

マリカー8Mii17-マッサマリカー8Mii18-ボッタス

ドライバータイヤグライダー
マッサワイルドタイヤパラフォイル
ボッタスGLAホイールズングリカイト

マルシャ
使用カートは、軽量級Bダッシュ。
ビアンキの意識不明、シーズン終了前のチーム崩壊と、
稀に見る惨状に見舞われた2010年新興チームの一角。
ポイントは取っていますが、戦力自体はザウバーより
格下のため、ザウバーを基準に微調整。

マリカー8Mii19-ビアンキ2マリカー8Mii20-チルトン2

ドライバータイヤグライダー
ビアンキクリームブロックセイルプレーン
チルトンスカイローラースーパーカイト

ケータハム
使用カートは、軽量級シルバーアロー。
チーム崩壊目前の2010年新興チームの一角。
加速・操作性・ダート性能は最高ですが、スピードは最低。
小林可夢偉選手もお気に入りのドライバーで、
軽量級の中では、最も使用頻度が高くなります。

マリカー8Mii21-可夢偉マリカー8Mii22-エリクソン

ドライバータイヤグライダー
コバヤシメタルタイヤパラフォイルMKTV
エリクソンクッションタイヤフラワーカイト


長くなりましたが、以上がマリオカート8で使っている
カスタマイズとなります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。