スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオカート8 なんちゃってF1杯U2014-3

*募集記事をまとめ記事に転用しました。

マリオカート8のアップデートが投入されて、早1ヶ月。
9/27になんちゃってF1杯Uを開催いたしました。

ご参加いただいた皆さん、
ありがとうございましたm(_ _)m


早速、ルーム戦のルールと動画を紹介していきます。


1.ルール(使用マシンについて)
なんちゃってF1杯を始め、モータースポーツをモチーフとした
自分のルーム戦では、各カテゴリーのレギュレーションを
尊重するために、使用マシンの制限を設けており、
なんちゃってF1杯のマシン設定は以下の通りとなります。

・キャラクター
全てのキャラクターを使用することができますが、
ルーム戦開始後の途中変更は不可とします。

・カート
使用できるのはフォーミュラタイプのカート限定で、
以下の5種類が使用可能ですが、
ルーム戦開始後の途中変更は不可とします。

1.スタンダードカート
2.ターボ・ワン
3.Gフォース
4.トライマッシュ
5.W25シルバーアロー


・使用可能タイヤ
カテゴリータイヤ1タイヤ2タイヤ3
ノーマル型ノーマルタイヤノーマルブルーGLAホイール
ノーマル型ブロックタイヤクリームブロック-
コーナー型リングタイヤスパイシーリング-
ライト型ウッドリングクッションタイヤスポンジタイヤ

今回指定させていただいたのは、
1.標準的な性能のノーマル型(全5種)
2.スピードと曲がりやすさ重視のコーナー型(全2種)
3.加速と滑りにくさ重視のライト型(全3種)

この3セットのうち、2セットをルーム戦中に使用します。
1セットしか使わなかったり、3セット全てを使ったり、
指定されていないタイヤを使うのは禁止です。
同一セットの別のタイヤ(例:GLAホイールとブロックタイヤ)
を使用することは可能ですが、この場合は別種のタイヤを
使ったとはみなされず、1セットとしてカウントされます。

・グライダー
全てのグライダーを使用することができます。
このパーツのみ、途中変更も自由とします。


2.ルール(各グランプリについて)
4レースを1セットとし、計4セット(16レース)走ります。
今回はスターカップ、このはカップ限定となります。

・基本設定
排気量:150cc(ルールによって変更あり)
アイテム:すべて(ルールによって変更あり)
COM:なし


1戦目:スターカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5210092
スターカップの4コースを順番に走ります。
コースの景観の良さはダントツで、
背景をじっくり見るのが面白いコースが揃っています。

2戦目:このはカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5210097
このはカップの4コースを順番に走ります。
アップダウンの激しいコースが多く、ラインを外れると
思わぬ方向にマシンが跳ねることもあります。

3戦目:ダイナミック3rdカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5210103
コースは、スターカップ、このはカップの中から自由選択。
アイテム設定は「ダイナミック」に変更となります。
Wiiを上回る豪快なアイテム設定は、常にカオスな
展開を呼んでくるので、最後まで油断できません。

4戦目:ミラー3rdカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5210108
コースは、スターカップ、このはカップの中から自由選択。
排気量設定は「ミラー」に変更となります。
配信中に映像が止まってしまったので、このレースでは
マリオカートTVのハイライトを後撮りしたものになります。
自分以外の視点の映像も含めてあります。

こうちゃさん視点(1、4戦目)


レーススタート前に、こうちゃさんから
1戦目と4戦目を撮影するとの宣言がありましたので、
併せてご紹介いたします。
いつもはベビィデイジーですが、
今回はデイジーを使われています。

ルールの詳細と動画は以上となります。
結果詳細につきましては、「続きを読む」からご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト

第1回パタテン友の会

今回のマリオカート記事は、自分ではなく、
他の方が主催したルーム戦の紹介になります。

9/20に、フレンドのこうちゃさん主催のルーム戦、
第1回パタテン友の会
に参加してきました。

こうちゃさんがメインで使っているパタテンテンは、
スピードは最も遅いですが、強力な加速性能と操作性を誇り、
扱いやすさはトップクラスと言えます。

そんなパタテンテン限定のルーム戦が、
このパタテン友の会で、開催1週間前のリハーサルを経て、
ついに開催となりました。

前置きはここまでにして、ここからは、
各GPのルールと動画を紹介していきます。


・ルール
4レースを1セットとし、計3セット(12レース)走ります。
マシンはパタテンテン限定で、タイヤ、グライダーは自由と
なっております。

・基本設定
排気量:150cc
アイテム:すべて
COM:なし(12人参加のため)


1戦目:Bデジまみれ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5154472
キャラクターをベビィデイジーにして走ります。
元々よく喋るキャラということもあり、すごく賑やかで、
見るのも聞くのも中々楽しいレースでした。

2戦目:Miiパレード

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5154482
キャラクターをMiiにして走ります。
重量は自由で、潜伏・なりすまし・ご当地キャラも
可能となっています。
ちなみに潜伏Miiの人数は、12人中10人だったそうです。

自分のMiiは、1988年~1995年にジャンプで連載された漫画
ジャングルの王者ターちゃん」の主人公ターちゃん。



アフリカの動物と自然を守る男と、その仲間達を描いた
ギャグ・格闘漫画で、下ネタも満載なのが特徴です。
1993年にアニメ化もされ、もう話の内容は
殆ど覚えていないものの、何故かOPだけは頭に残っていました。
CVは俳優の岸谷 五朗さんで、中々のハマり役。

3戦目:パタフライ自由形

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5154571
パタテンテン縛り以外自由となっています。
元々白ヨッシーを使う予定でしたが、こうちゃさんが
ドンキー縛りは勘弁とフラグを立てた仰っていたので、
思い切って変更しました。 意外と数が増えなかったですが

こうちゃさん視点(1、2戦目)


野良ではターボ・ワン、シルバーアローを使っていましたが、
開催1週間前から、Keiさんの大会「エキサイディング!」や、
TAでは、パタテンテンと各キャラクター、パーツを
ずっと試してきて、第3のマシンとして定着しつつありますが、
今後もルーム戦限定で、使っていこうと思います。

こうちゃさん、参加者の皆さん、
ありがとうございましたm(_ _)m

鈴鹿アドバンスカート2014-3

更新するタイミングを逃していたリアルカートの記事ですが、
7月挑戦分と9月挑戦分を2日連続でアップすることにしました。
こちらでは、一昨日9/19に挑戦した分をご紹介いたします。

前回の挑戦が不完全燃焼で終わってしまい、
F1日本GP前にリベンジしたいと常々考えていたので、
ちょうど会社から久々の平日休みを貰えた9/19に、
今年4度目となるアドバンスカート挑戦に赴きました。

いつもは昼過ぎに引き上げてしまうところなのですが、
この日は、夜に別件で名古屋へ行く用事があったので、
開園する10:00から閉園直前の16:30までの6時間半に渡って、
カート挑戦、休憩タイム、散策、写真撮影といった感じに、
鈴鹿サーキットをじっくりと堪能してきました。

今回はアドバンスカートだけでなく、鈴鹿サーキット内の
遊園地"モートピア"の事も少しだけ紹介していきます。


コチラファミリー
14-0919コチラファミリー1

今まで一度も話題に挙げたことがなかったのですが、
鈴鹿サーキットには、コチラファミリーと呼ばれる、
恐竜をモチーフにした5匹のマスコットキャラがいます。

・看板キャラであり、バイクレースが大好きなコチラ
・園内をお花いっぱいにしてくれるチララ
・フォーミュラカードライバーを目指しているバット
・甘いものと発明が大好きなメカニックプート
チララの弟で、いたずら好きなピピラ

モートピア内の至るところに彼らのオブジェがあったり、
着ぐるみがよく遊びに来てたりするので、目にする機会は多く、
お客さんと一緒に記念撮影する光景もよく見られます。

14-0919コチラファミリー2

さて、コチラとチララの目を見て、ピンと来た方も
いらっしゃるかと思いますが、コチラファミリーを
デザインしたのは手塚治虫先生で、今年で生誕35周年を
迎えて、それを記念するオブジェが飾られていました。

とまあ来て早々、カートに乗らずに散策していましたが、
この後すぐ1回目の挑戦へ向かいます。


アタックラップ1セット目
14-0919カートタイム1

LAP1 - 39.743
LAP2 - 39.097
LAP3 - 38.333
LAP4 - 38.367
LAP5 - 38.393
LAP6 - 39.129
LAP7 - 38.091
LAP8 - 38.615
LAP9 - 38.557
LAP10 - 38.315

*カートコースの詳細は2014-1を参照。

天候曇り、気温20℃と、半袖では肌寒く感じる程
涼しい日となりましたが、真夏と比べて体力の消耗は
抑えられるので、至って快適に過ごすことができました。
1回目の走行では、1コーナーのブレーキングの
タイミング、強さの微調整を中心に行い、タイムの改善を
図りましたが、1コーナーでリアをフラつかせることが多く、
2ヶ月ぶりの走行となった初回は、タイムが伸びずに終了。
午後の走行に備えて、休憩に入りました。


プッチタウンキッチンでの昼食
14-0919カート昼食

鈴鹿サーキットは、レストラン、ファストフード店も
充実しており、いつもどこで食べようか悩むのですが、
今回は一度も行ったことがなかったプッチタウンキッチンへ。

オムライスとグリル料理がメインのレストランで、
オムライスグリル(ハンバーグ&エビフライ)、フライドポテト
オーダー、ちなみにサラダバーは全メニューに付いており、
おかわりも自由にできます。
おなか一杯食べた後は、お店からのアンケートに答えつつ、
2回目の走行のために、再びGPフィールドに戻っていきました。


アタックラップ2セット目
14-0919カートタイム2

LAP1 - 39.025
LAP2 - 39.343
LAP3 - 38.033
LAP4 - 37.914
LAP5 - 37.502
LAP6 - 38.076
LAP7 - 37.898
LAP8 - 37.700
LAP9 - 37.889
LAP10 - 37.692


1回目と比べて僅かに日差しが強くなり、身体も慣れてきて、
これならタイム更新行けそうかなと期待した2回目の走行。
最初の2LAPは、1コーナーと7コーナーからの加速で
バランスを崩したものの、自分もようやくエンジンが
かかり始めて、壁際まで目一杯に使って猛然とプッシュ!

リアタイヤが壁を擦る感触が何度か伝わってきましたが、
タイムは安定して37秒台を刻み続け、ファステストも
目標に掲げていた37.5秒まで縮めることに成功。
今回の挑戦で、最も満足の行く走りが出来ました。
この後再び休憩に入り、夕方の最終走行を迎えるまで、
サーキット内の散策を再開しました。


F1日本GP目前のレーシングシアター前
14-919F1-2014ドライバーパネル

アドバンスカートコース付近の急な坂を下った先にある
レーシングシアターの入口には、早くも2014年の
F1ドライバーのフォトパネルが置かれていました。
ケータハムの惨状を見てると、可夢偉が母国GPを走れるのか
心配になりますが、ただただ出走を願うばかりです。

その後15:30までは、カートコースを貸し切っていた
学生グループの走りを眺めながら、時間を潰していました。
体育の一環か、部活の一環か、見当も付きませんでしたが、
先生がスタッフと親しげに話しているのを見る限り、
きっと年に何度か訪れているんだろうなと感じました。


アタックラップ3セット目
14-0919カートタイム3+

LAP1 - 40.536
LAP2 - 40.028
LAP3 - 38.970
LAP4 - 37.928
LAP5 - 46.185
LAP6 - 38.427
LAP7 - 38.161
LAP8 - 38.121
LAP9 - 47.315
LAP10 - 37.699


折角Aライセンスを持っているので、3回目の走行では、
アドバンスカートプラスに乗ることを決めました。
フレームとタイヤは通常のものと同じですが、
エンジンの排気量が195CCから270CCに増加し、
最高速も54km/hから60km/hまで上がります。

これまでとは完全に別物だと素人の自分でも実感できる程、
パワーが桁違いで、タイヤが若干使い古されたものだった事を
考慮しても、完全に"マシンに振り回された状態"で、
5LAP目と9LAP目には、3年振りのスピンも喫しました。

初挑戦かつ不完全な状態ながらも、最終LAPを37秒6
まとめ、このパワーに慣れていけば、もっと速く走れると
確信できたので、次回の挑戦が更に楽しみとなりましたが、
今まで1度もやったことがない1日30LAP走行と、
パワフルな"プラス"で受けた衝撃は、相当身体に堪えたらしく、
夜の段階で既に全身が筋肉痛になっていました(;Д;)
基礎体力が相変わらず貧弱・・・

さて、随分と長くなってしまいましたが、
これにて、今回の挑戦の紹介は以上となります。

なお、今年のアドバンスカート挑戦は、
F1日本GPが開催される10月と、
タイムアタックランキングの締切である11月の
残り2回となります。

今年は、通常の方は37.2秒、プラスの方は36秒台まで
タイムを縮めるのを目標に、精進していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

鈴鹿アドバンスカート2014-2

更新するタイミングを逃していたリアルカートの記事ですが、
7月挑戦分と9月挑戦分を2日連続でアップすることにしました。
こちらでは、7月挑戦分をご紹介いたします。

カート初挑戦から早4年、3月のモータースポーツ感謝デーで
アドバンスカート会員となり、上位ライセンス獲得を目指して
準備を整えた2014年度ですが、前回の挑戦で念願の
Aライセンス獲得を達成し、更にやる気が満ち溢れてきました。

そんな前回の挑戦から2ヶ月後、7/27に今年3度目の
アドバンスカート挑戦に行ってきました。


完全に忘れていた"あるイベント"
14-0727スズカ8耐フラッグ

いすとさんと一緒に行く計画を立てたまではよかったものの、
7/27は、鈴鹿8時間耐久ロードレース(通称8耐)の開催日
ということを、前々日(7/25)にいすとさんが気づくまで
すっかり忘れていて、さあどうしようという展開に・・・

8耐は二輪の一大イベントであり、駐車場の確保は困難と
判断したため、今回も自分一人で行くことになりました。
いすとさん、折角誘っていただいたのに申し訳ないですm(_ _)m


あっち(二輪)側とこっち(四輪)側
14-0727カートコース

見よ、この人数の差を!
こんなイベントと重なっておきながら行く決断をしたのは、
8耐の観戦目的で来た人が、レース中にわざわざカートに
乗りに来ないだろうと考えたからで、実際の客足も、
運良く普段の休日とほぼ同じぐらいでした。

と、ここまでは良かったものの、この後色々と誤算が・・・


アタックラップ
14-0727カートタイム
LAP1 - 43.996
LAP2 - 39.516
LAP3 - 38.891
LAP4 - 40.847
LAP5 - 40.557
LAP6 - 39.561
LAP7 - 39.059
LAP8 - 39.477
LAP9 - 43.309
LAP10 - 39.511

*カートコースの詳細は前回の挑戦を参照。

実際走り始めると、まともにタイムを出せない状況が
次々と重なってしまい、正直タイムアタックどころでは
ありませんでした。

1つ目は、自分が走り始めるタイミングと、
カート初挑戦と思われる団体さんがミーティング終えた
タイミングが重なってしまった
こと。
前車との距離を空けても追いついてしまうし、
空けすぎると今度は後続に抜かれてしまうという、
悪循環にハマってしまいました。

2つ目は、雨が降り出したこと。
スタッフから、にわか雨の可能性と、走行するのが
危険と判断した場合は、自主的にピットに戻っても良いと
伝えられていたものの、アタックラップを開始する時には、
もうヘルメットのバイザーに雨粒が付き始めていました。
言うまでもなく、自分はウェット走行の経験は皆無です。

3つ目は、ファステストを出したLAPの最終コーナーで、
ピットインするマシンに接触されたこと。
5コーナーの立ち上がりで前車の姿がチラっと見え、
最終コーナーで追いついてしまうかもと思っていたら、
実際その通りになり、おまけに最終コーナー手前のイン側を
非常にゆっくり走っていました。

1LAP上手くまとめた手応えがあったものの、念のため、
最終コーナーのイン側を1車身以上空けてターンインし始めた
にもかかわらず、急加速してピットに向かい始めたため激突

故意ではなく、単に周囲が見えてなかっただけとは思うものの、
流石の自分もこれにはブチ切れて、無意識のうちに
右手を突き上げて抗議していました。

その後は雨量が増え始めて、コーナーをスムーズに
抜けられなくなり、他の人は恐る恐る運転し始めたので、
アウト側を目一杯使って追い抜いていくという展開が続き、
そのまま10LAP終了となりました。


8耐スタート前の土砂降り
14-0727雨上がり

不完全燃焼の中、アドバンスカート2Fの休憩室に戻ると、
小雨が猛烈な土砂降りに変わり、あっという間に
コースが水浸しに・・・
8耐の方はスタート直前だったらしく、スタート時間の延期を
余儀なくされ、8時間耐久が"6時間55分耐久"に
なってしまったそうです。

こうなってしまってはもう走れないので、
F1の解説でお馴染みの"オグたん"こと、小倉 茂徳さんが
開催していた、速さのひみつ教室で時間を潰しつつ、
雨の落ち着いたタイミングを見計らって、
伊勢鉄道の鈴鹿サーキット稲生駅へ向かって行きました。

とにかく不満が残る挑戦だったので、日本GP前に
もう1回行こうと決断し、そのリベンジは更に2ヶ月後、
9/19まで待つことになります。

長くなった上に、一部愚痴っぽくなりましたが、
最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(_ _)m

9月挑戦分の記事は、明日9/21にアップいたしますので、
そちらもご覧いただければ、幸いです。

マリオカート8 なんちゃってFE杯

*募集記事をまとめ記事に転用しました

8/27にメルセデスコラボのアップデートが入り、
更に今年11月にはゼルダの伝説、来年5月には
どうぶつの森とのコラボDLCが登場予定と、
本格的に始動したと感じさせるマリオカート8。

9月も2回ルーム戦の開催を予定しており、
こちらでは、モータースポーツの新カテゴリー
フォーミュラEをモチーフにした
「なんちゃってFE杯」を、9/12に開催しました。

お集まりいただいた皆さん、
改めてありがとうございました。


フォーミュラEは、今年9/13から新たにスタートする
"電気自動車"のフォーミュラカーによるモータースポーツで、
大気汚染対策の電気自動車の普及を狙い、

・エンジンの代わりにモーターを搭載する
・ガソリンの代わりに電気をエネルギーとする
・サーキットの代わりに各国の市街地を走行する


という、他のモータースポーツからかけ離れた、
異質なものとなっているのが特徴です。

日本ではまだレースが行われないものの、
テレビ朝日から地上波で放送されることが決まっており、
F1を脅かす存在となれるのか、非常に期待がかかります。

前置きが長くなりましたが、
以下、ルールの詳細となります。


1.ルール(使用マシンについて)
なんちゃってF1杯を始め、モータースポーツをモチーフとした
自分のルーム戦では、各カテゴリーのレギュレーションを
尊重するために、使用マシンの制限を設けており、
なんちゃってFE杯では、以下の通りとなります。


・キャラクター
完走まで1人で走り切るシングルシーターなので、
全てのキャラクターを使用することができますが、
ルーム戦開始後の途中変更は不可とします。

・カート
現状フォーミュラEは、充電なしでは完走できないので、
マシンそのものを乗り換える方式をとられており、
それを反映したルールを設定しています。

使用できるのはフォーミュラタイプのカート限定で、
以下の5種類の中から2種類を使用可能とします。

1.スタンダードカート
2.ターボ・ワン
3.Gフォース
4.トライマッシュ
5.W25シルバーアロー


ただしカート変更については、以下の制限を設けます。

1.全4戦を終えるまでにカートの変更を必須とする
2.変更のタイミングは自由、ただし全4戦で1回のみとする
3.同一性能のターボ・ワンとGフォースは同時使用不可とする


・タイヤ
フォーミュラEでは、ミシュラン製の全天候型タイヤを使い、
なおかつパンク以外での交換が不可とされているので、
全てのタイヤを使用することができますが、
ルーム戦開始後の途中変更は不可とします。

・グライダー
全てのグライダーを使用することができます。
このパーツのみ、ルーム戦開始後の途中変更も自由とします。


・今回のパーツ選択
・前半:ターボ・ワン+ブロックタイヤ+スーパーカイト
・後半:シルバーアロー+ブロックタイヤ+パラフォイルMKTV


全コース対象でありながら、タイヤの交換が一切できないため、
今回はどのコースでも対応できるよう、バランス重視の
パーツを選択しました。

タイヤはノーマルタイヤと同じく、標準的な性能を持つ
ブロックタイヤで、ターボ・ワン使用時の見た目は、
フォーミュラEそっくり。
後半では、DLCであるW25シルバーアローに変更し、
激しくなるアイテム攻撃に備え、加速を強化しています。


2.ルール(各グランプリについて)
4レースを1セットとし、計4セット(16レース)走ります。
各ルールの説明と、今回のルーム戦の動画を、
併せてご紹介させていただきます。

・基本設定
排気量:150cc
アイテム:すべて(ルールによって変更あり)
COM:なし



1戦目:WiiUカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5109287
キノコカップ、フラワーカップ、スターカップ、
スペシャルカップの全16コースから
自由にコースを選択。

2戦目:レトロカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5109337
こうらカップ、バナナカップ、このはカップ、サンダーカップの
全16コースから自由にコースを選択。

3戦目:ダイナミックWiiUカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5109354
キノコカップ、フラワーカップ、スターカップ、
スペシャルカップの全16コースから
自由にコースを選択。
なお、アイテム設定は「ダイナミック」に変更となります。

4戦目:ダイナミックレトロカップ

Watch live video from Tomalonso on Twitchhttp://www.twitch.tv/tomalonso/c/5109548
こうらカップ、バナナカップ、このはカップ、サンダーカップの
全16コースから自由にコースを選択。
なお、アイテム設定は「ダイナミック」に変更となります。

各グランプリの紹介は以上になります。
結果詳細につきましては、「続きを読む」からご覧ください。

続きを読む

プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。