スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.09.28 F1 2012 ランク戦シーズン4-4

ニコニコミュニティで開催されている、F1公式ゲームによる
チャンピオンシップ「F1 ランク戦」
まとめ記事が溜まりに溜まってしまいましたが、
最終戦の開催が迫っているため、立て続けに更新していきます。

第3戦までで、3位表彰台が1回、4位が2回と、
シーズン3と比べて上位でのフィニッシュが続いていますが、
競り合いでのミスで順位を落とすことも多いため、
更なる安定感を身につけたいところです。

さて、シーズン4第4戦の舞台は、2012年にグランプリ初開催となった
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ



2007年以来となるF1アメリカGP復活にあたり、
テキサス州オースティンに造られた最新のサーキットで、
世界各地のサーキットの名物コーナーをモチーフにした
コーナーが多数見られるのが特徴です。

・セクター1:中~高速S字コーナー区間
急勾配の1コーナーを駆け下りた先に続く
S字コーナーが特徴の連続コーナー区間。
走行ラインを僅かでも外せば、あっさりコースアウトし、
タイムロスも大きいため、最も攻略が難しいセクターです。

・セクター2:ストレート+低速コーナー区間
S字の後のヘアピン→バックストレート→低速コーナー区間と
高速からのブレーキングが続く区間。
バックストレートはDRS区間であり、コース幅も広いため、
ここでオーバーテイクを仕掛けるのがセオリーとなります。

・セクター3:連続コーナー区間
低速、中速、高速と多様なコーナーが組み合わされた区間。
特にセクター2から続く低速コーナーを抜けた先にある
イスタンブール・パークのターン8を模した高速右コーナーは、
高低差と相まってスピード感抜群。

さて、サーキットの紹介はここまでにし、
各プレイヤーの視点をご紹介いたします。
自身のレース戦略、レース結果、感想については、
「続きを読む」からご覧ください。


ムッピーさん視点(予選)


ムッピーさん視点(決勝)


チャンピオン争いで大幅にリードしているムッピーさんの視点です。
相変わらず速すぎて参考にできません。


らんばーどさん視点(予選)


らんばーどさん視点(決勝)


これまで何度も競り合ってきた、らんばーどさんとは、
今回も表彰台を賭けて直接対決!
本格的なバトルは、ピットインを終えてからとなります。

続きを読む

スポンサーサイト

13.09.27 F1 2012 ランク戦シーズン4-3

ニコニコミュニティで開催されている、F1公式ゲームによる
チャンピオンシップ「F1 ランク戦」

第2戦で念願のF1クラス初表彰台を経験し、
序盤戦を良い形で終えることができたので、
この好調を維持したままシーズンを終えたいところです。

さて、シーズン4第3戦の舞台は、2009年にグランプリ初開催となった
ヤス・マリーナ・サーキット



ヤス・マリーナホテル・ホテルや
自動車のテーマパーク「フェラーリ・ワールド」が隣接し、
更にF1で唯一となる「トワイライトレース」の舞台であるため、
前半は眩しい夕日が、後半はライトアップされたサーキットとホテルが
美しい、まさに豪華絢爛なサーキットです。

・セクター1:中~高速コーナー区間
直角の1コーナーと、アップダウンのある2~4コーナーが特徴。
レース中では、ここで前車に離されずに着いていければ、
セクター2で追い抜きのチャンスが生まれます。

・セクター2:ストレート区間
2本の長いストレートとシケインが存在する高速区間。
ストレートは両方共DRSが使用可能な区間+ストレートエンドが
低速シケインのため、オーバーテイク合戦が繰り広げられます。
なおDRS区間は独立しているため、1つ目のストレートで抜いても、
2つ目のストレートで抜き返されることもあります。

・セクター3:低速コーナー区間
ヤス・マリーナ・ホテルの真下をくぐっていく区間。
コース幅が狭い、縁石が多い、壁が近い、大半が直角コーナーと、
セクター1、2とは特性が全く異なるセクターのため、
より繊細なコントロールを求められます。


残念ながら、ランク戦は「周回数25%」のレースなので、
時間の関係上、夕日も夜景も拝めませんが、
75%以上のレースであれば、本家と同様、
トワイライトレースを楽しむことができます。

さて、ここからは各プレイヤーの視点のご紹介なのですが、
今回はムッピーさんが不在のため、動画を確認できたのは
らんばーどさん視点だけでした。
自身のレース戦略、レース結果、感想については、
「続きを読む」からご覧ください。


らんばーどさん視点(予選)


らんばーどさん視点(決勝)


今回はチラっと映る程度で、競り合いにはなりませんでした。

続きを読む

13.09.22 F1 2012 ランク戦シーズン4-2

ニコニコミュニティで開催されている、F1公式ゲームによる
チャンピオンシップ「F1 ランク戦」

開幕戦では、昨年の最上位を上回る4位入賞を果たし、
幸先の良いスタートを切ることができたので、
この勢いを維持したいところです。
今回は、8/17に開催された第2戦の様子をご紹介いたします。

シーズン4第2戦の舞台は、2011年にグランプリ初開催となった
ブッダ・インターナショナルサーキット



2011年に、ニューデリーの郊外に建造されたサーキットで、
これまでのサーキットとは異なり、コーナーの入口のコース幅が
極端に広くなっている場所(3コーナーと4コーナー)があり、
バトルの際にライン取りの自由度が高いのが特徴です。

2011 インドGP 3コーナー
*写真は3コーナー

・セクター1:ストレート区間
ホームストレート、バックストレートがある全開区間。
前述の通りコース幅が広く、オーバーテイクの補助装置である
DRSを使える区間であるため、積極的にバトルを仕掛けていきます。

・セクター2:中~高速コーナー区間
サーキットの目玉とも言える、中高速のコーナーが連なる区間。
5~9コーナーは、アップダウンのある中速コーナー、
10コーナーからは、高速コーナーとなっています。
コーナー出口が見えない中、縁石ギリギリを攻める8~9コーナー、
加速中に一瞬アクセルを抜く11コーナーは特に難関。

・セクター3:低~中速コーナー区間
縁石ギリギリを攻める上りの13~14コーナーと、
そこから下っていくコーナーからなる区間。
攻略はセクター2と比べて易しいものの、
ピットインの難易度が高く、オーバーランに注意が必要。

ドライバー視点においても、F1のコーナーでのスピード感を
存分に味わう事ができるサーキットで、
ゲームでも走っていて非常に爽快感があります。

さて、ここからはいつも通り
各プレイヤーの視点をご紹介いたします。
自身のレース戦略、レース結果、感想については、
「続きを読む」からご覧ください。


ムッピーさん視点(予選)


ムッピーさん視点(決勝)


らんばーどさん視点


タイムが非常に近く、前回競り合ったらんばーどさんとは、
今回も直接対決となりました。

続きを読む

13.09.14 F1 2012 ランク戦シーズン4-1

ニコニコミュニティで開催されている、F1公式ゲームによる
チャンピオンシップ「F1 ランク戦」

シーズン4はF1クラス残留が決定し、残り僅かとなった
2012年版のレースも、最後まで激しいものとなりそうで、
非常に楽しみです。

シーズン4開幕戦の舞台は、2010年にグランプリ初開催となった
韓国インターナショナルサーキット



韓国南西部にある霊岩(ヨンアム)の都市計画の
中心となるべく造られたサーキットで、
3つのセクターが、それぞれ全く異なった特性を備えています。

・セクター1:ストレート区間
1.2kmのバックストレートを含む3本の長いストレートがある区間。
更にストレート後のコーナーが全て低速コーナーのため、
ブレーキングが非常にシビア。

・セクター2:中~高速コーナー区間
ハイスピードのコーナーが続く区間。
若干アップダウンがあり、コーナーでのスピード感は抜群だが、
ワンミスのタイムロスが大きくなりやすい。

・セクター3:低~中速コーナー区間
左右に曲がりくねったコーナー区間。
コース外の大半が芝生になっており、壁も近いため、
コースアウトに注意。

肝心の都市計画は全然進んでいる気配がないものの、
レイアウト自体は割と好きなサーキットの1つです。


今回も各プレイヤーの視点をご紹介いたします。
自身のレース戦略、レース結果、感想については、
「続きを読む」からご覧ください。


ムッピーさん視点(予選)


ムッピーさん視点(決勝)


kimisanoさん視点


第3戦のまとめの作成中に発見したので、追加しました。
他を圧倒するムッピーさんとkimisanoさんの一騎討ちは、
まさに圧巻の一言で、自分との力量差を思い知らされます。

らんばーどさん視点


らんばーどさんは直近の競争相手ということもあり、
自分とのバトルが比較的多くなっています。

うのさん視点

続きを読む

13.09.14 F1 2012 ランク戦シーズン4概要

ニコニコミュニティで開催されている、F1公式ゲームによる
チャンピオンシップ「F1 ランク戦」

10月10日に2013年版の発売を控え、いよいよ2012年版での
レースも残り僅かとなる中、F1 2012のランク戦も
ついに最終シーズンであるシーズン4を迎えました。

シーズン4はシーズン2と同様、
コミュニティランキングのポイントの累計と
シーズン前タイムアタックの結果から配属クラスが
決まるため、最もポイントを稼げるF1クラスで1シーズンを過ごした
甲斐もあり、F1クラス残留が決定。

2シーズン連続で、F1クラスの面々に挑みます。


シーズン4F1クラス所属メンバー
*シーズン前TAの結果はこちら
*敬称略


HNPS3IDチーム
ザッパーzapper0001ウィリアムズ
kimisanokimisanoロータス
パークpmancer0412HRT
こたつKotatsuFormula-1トロ・ロッソ
ぎぶふぇんgibfen613フォース・インディア
F1優斗@だっちんyuto_f1_eva_b194ケータハム
らんばーどRunBIRD-23フェラーリ
ムッピーmp4-gp2ザウバー
ヒカルHikaru-onメルセデス
うのunofrecceマクラーレン
みのすけminosuke88マルシャ
トモユキtomalo-takeレッドブル

シーズン3より参加者が減ったこともあり、
F1クラス残留は自分を含め5名、F2とF3からの昇格が7名と
大幅なメンバーチェンジとなりました。

使用シャシー決定の優先順位が最下位だったので、
最後に余ったレッドブルを選ぶことになりましたが、
コックピット視点の見やすさは良好で、縁石で極端に
跳ねる挙動も無く、非常に扱い易いシャシーだったのは
嬉しい誤算でした。


シーズン4グランプリ

Rd.1 韓国GP(8/11開催)
韓国インターナショナルサーキット(霊岩)

Rd.2 インドGP(8/17開催)
ブッダ・インターナショナルサーキット(ニューデリー)

Rd.3 アブダビGP(9/1開催)
ヤス・マリーナ・サーキット(ヤス島)

Rd.4 アメリカGP(9/14開催)
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(オースティン)

Rd.5 ブラジルGP(9/28開催)
インテルラゴス・サーキット(サンパウロ)

由緒正しきクラシックコースで繰り広げられた
シーズン2、シーズン3とは打って変わって、
5レース中4レース(ブラジルGP以外)が、
ヘルマン・ティルケ氏設計の最新鋭のサーキットであり、
コース特性も雰囲気もガラリと変わるのが特徴と言えます。

サーキットに対する理解度も進んでいるとは言えないので、
シャシーのセットアップとコースの習熟を
同時進行する必要があるため、練習がこれまでと比べて
ハードになりそうですが、ランキング上位目指して
戦っていければと思います。

F1クラスの皆さん、改めて2ヶ月間
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
プロフィール

トモユキ

Author:トモユキ
モータースポーツと
ゲームに熱中しつつ
時々ブログ更新と
文字通り気の向くままに
過ごしています。

特に好きなのは
F1、マリオカート、
ポケモンで、
記事もそれらがメインに
なっておりますので、
よろしくお願いします。

イラストはマリカーの
フレンドErinciaさん
からいただきました。
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。